楽な気持ちで希望を持とう

「無職」とは職がないことを言い、特に働ける状態にあるのに働く職場がない、または働く気力がないため働いていないなどを指し、大抵の人は何らかの理由で無職になると早く今の状態を抜け出そうと就職活動に邁進します。この様な人は条件にも寄りますが比較的早く今の状態を脱出できます。しかし働く気力がない等の理由で働いていない人は就職活動も活発でなく職がない現状が長引く状態になりやすい傾向があります。働く気力がない等の理由は本人のやる気のみにその原因を求めやすく見られますが、その中には「うつ病」などの心の病を抱えている方も多く年間3万人もの自殺者を出している日本ではもはや本人のやる気や素質のみにその原因をもとめることは難しくなっています。またやる気がある人でも長い就職活動の不安からストレスがたまり、うつ病になってしまい職探しができないなんてことにもなりかねないものです。そのため職が無いというものはストレスとの戦いでもあります。そんな悪循環に落ちないためには、今の状態をもう少し気楽にすることが大事だと心理学者はいいます。働いていないのを悪いことだと思わずいっそ長い夏休みをもらったんだと考えたり、周りの人もあいつは駄目な奴だなどと思わず運が無かったのだろうそのうち運が上向きになるだろうなどと気楽に考えて付き合ってあげることが肝心なのです。何より本人が後ろ向きにならないことが大切なことだといいます。これは、心の病にかからないためではなく無職を脱出するためにも大事なことです。「人と接するのがまだ怖い」という人は自宅でできる仕事をはじめてみると、うつな気持ちも紛れて収入が得られるのでよいリハビリになると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です